臨床実習に向けた壮行会

先般,4月から臨床実習に向かう学生たちの壮行会がありました.

最初に先生方からコメントがあったのですが,さすが熟練した教育者とでも言うべき方々だけあって,学生を暖かく包みつつもそっと背中を押すものでした.

先生方のように適宜厚みのあるコメントが言えるようになるには,僕自身まだまだ教育者としての修行が必要だなぁと思いました.

その後,学生たちや教員が用意した飲食物をつまみながら,作業療法や医療全般について熱く語りあいました.

学生たちは作業療法を学ぶ喜びとそれぞれの課題を育みつつ,これからさらにその深みへと歩を進めようとしており,とても頼もしく感じました.

これからはじまる臨床実習では,スーパーバイザーのご指導のもとで学内では決して得られない貴重な体験を積んでくることだろうと思います.

さらに成長した学生たちの姿を見るのがとても楽しみです.