臨床実習中の学生にお勧めの音楽

あと数週間で臨床実習がはじまります.

全国にいる約6000名の作業療法学生の臨床実習がほぼ一斉にはじまるんだから,学校の教員にとっても,病院・施設の臨床家にとっても大変じゃないわけがない.

学生にとっては4年に一度だけども,僕たち作業療法士にとっては毎年のことだから,たとえるなら教員や臨床家にとってこれはオリンピックを毎年開催しているようなもんだ.

それはさておき,学生はこれから作業療法士になるための最大の山場を向かえるわけだから,これもやはり大変じゃないわけがない.

いや,むしろある程度は大変で当たり前といえ,プロになるのはそう容易いことではないと考えるべきなのだ.

だから,臨床実習は大変ということを出発点にして,これを何とか乗り切る方略を考えていくしかない.

僕が学生のときもそうだったけども,臨床実習中に疲労でフラフラになったとき,意外とチカラになってくれるのが音楽だ.

といっても,別に音楽がレポート書いてくれたり,患者さんを見てくれたりするわけじゃない(当たり前かw).

目に見える結果があるわけではないけども,優れた音楽はカラダの奥深いところから僕たちを突き動かしてくれるような気にさせてくれるんだ.

それは,何となく気持ちが楽になるとか,明日も頑張ろうと思うとか,そういうところに現れてくる.

ギリギリのところでは,そういう「気」のようなものが差として現れてくるから,「そりゃあなたの気のもんだよ」などとあなどってはいけないのだ.

「じゃぁどんな音楽がいいんだよ!」と聞かれると,そりゃあなたが気に入ったものを聞けばいいのさ.

・・・と普段なら答えるんですが,これから臨床実習に行く教え子たちのことを想うと,老婆心からか臨床実習中のお勧めの音楽を紹介したくなってしまった.

どんな音楽がお勧めかって??

ズバリ!

Bzの「MOVE」です.

もう10年以上も前の音楽なんだけども,疲れた心身にスッと入ってくるノリのよいリズム,単純で率直であるがゆえに担保されたメッセージ性の高い歌詞.

僕自身がずぅーと昔からBzが好きだということもあると思うのですが,そういうバイアスを差引いても「MOVE」は臨床実習中に聞くにはベストな音楽だと思います(たぶんね,たぶん).

僕も学生の頃は,この音楽を聴いて臨床実習を乗りきったものです.

今宵の日記は,「MOVE」の歌詞を一部紹介することで締めくくりたいと思います♪

━━━━━
You're too young
まだお若いのに疲れて
世界を全部見てきたよに
リタイアするのもけっこう渋いと呟いて
半端な同情買うのだけはやめよう

何をびびってるの
キミは今?
でかいチャンスを目の前にして
なんてことはないよね何事も
楽しい者勝ち動けや
MOVE ON MOVE ON NOW
━━━━━

臨床実習を向えるすべての学生に幸あれ!