構造構成主義アカデメイア

現在、学問は細分化の一途を辿り、専門テーマは極めて多岐に渡っています。

それは高度に専門化していることを意味すると同時に、視野の偏狭化や専門領域ごとの壁を高めることにもなりました。

そうした問題意識を踏まえて、このたび「構造構成主義アカデメイア」を構造構成主義研究会主催のもとで立ち上げました。

構造構成主義アカデメイアでは、様々な学問領域を超えて活用できる「方法」を学ぶため、質的研究法、量的研究法、メタ理論構成法、医療実践向上法、信念対立解消思考法、哲学的思考法、身体操作法、論文執筆法といった様々なニーズに応えるワークショップを行います。

今回は、西條剛央さんを講師に迎えて、質的研究集中ワークショップ(SCQRM演習)を行うことになりました。

まったくの初学者から、すでに実践されている方まで、質的研究のエッセンスやコツを学びたいというすべての人に開かれたワークショップです。

定員が限られているため、参加希望方はお早めにどうぞ。

以下  http://structuralconstructivismakademeia.blogspot.com/  より引用

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   
『ライブ講義・質的研究とは何か』(新曜社)公刊以後、各方面からSCQRM(構造構成的質的研究法)を学びたいというご要望が多数寄せられました。

構造構成主義アカデメイアでは、そうしたニーズに応えるために4日間(計30時間)の演習形式の集中ワークショップを開催いたします。

SCQRMとは、多種多様な「質的研究」に通底する原理となる考え方や技法を呈示するものであり、それを身につければ既存の技法をより創造的に使いこなすことが可能となります。

質的研究に関心がある方、質的研究のエッセンスやコツを学びたいという方は奮ってご参加ください。

【質的研究集中ワークショップ(SCQRM演習)】

◆講師 西條剛央

◆内容 各班にわかれ、それぞれ一つの研究を立ち上げ、データ収集(インタビュー)、データ分析、理論構築(仮説生成)から発表に至るまで一気に実践してみることで、SCQRMやそれに基づく「構造構成的M-GTA」の活用法を学び、質的研究のエッセンスとコツを身につける。

◆第一回 場所:早稲田大学 日程:2008年、8月23(土)・24(日)/30(土)・31(日)の4日間

◆第二回 場所:関西大学日時:2008年、9月14(日)・15(祝日)は9時~18時50分/9月20(土)・21日(日)は9時~16時30分

◆時間 各日11:00~19:40×4日間

◆参加費 2万円 

◆定員 30名 ※ 参加希望者は下記より仮登録をしてください。

先着順になりますので仮登録をいただきましても定員になり次第締め切らせていただくことがありますので予めご了承ください。

演習形式のため定員が限られておりますので、お早めにお申し込みください。

本登録が完了し次第、詳細な情報を送らせていただきます。

http://server.net8.jp/auto-mail/12147/form.cgi

(# 全日参加が原則となりますが、一部参加できないが参加したいという方は上記のURLのフォームメールの「通信欄」にその旨をご明記の上ご登録ください。)