eeepc901xに導入したKingsoft Office2007の使い勝手

eeepc901にもともと入っているStarSuiteはJAVAと連動させて動かすため,結果として無駄に容量が大きくなってしまいます.

なので,以前書いたようにStarSuiteとJAVAはあっさりアンインストールし,Kingsoft Office2007を導入しました.

Kingsoft Office2007は,迷わずDドライブにインストールしました.

eeepc901xのDドライブはMLCタイプのSDDなので,動作が遅くなるかと心配していたのですが,そんなこともなく快適に使えています.

自宅の母艦ではMicrosoft Office2007,職場ではMicrosoft Office2003を使っていますが,それと比較してもKingsoft Office2007の利点は目につくと思います.

最大の利点は値段ですね.

ワープロ,表計算,プレゼンテーションソフトを全部導入しても4980円ですから,Microsoft Officeの約1/10程度の値段ですみます.

互換性ですが,Microsoft Office2003との間ではほぼ完璧だと思います.

というよりも,Kingsoft Office2007はMicrosoft Office2003とほとんど同じいってもいいぐらいです.

しかし,Microsoft Office2007で作成したファイルをdocx,xlsx,pptxで保存すると,Kingsoft Office2007で開くことはできなくなります.

その辺りがやや不便さを感じるところですが,Microsoft Office2007で作成したファイルをdoc,xls,pptの拡張子で保存すればいいことなので,それ以外の利点を考えたら大した問題ではないように思います.

では,Kingsoft Office2007のいくつかの利点を書いておきます.

Kingsoft Office2007の場合,複数のファイルは「タブ」で開くので,Microsoft Officeのように無駄にウィンドが開くことはありません.

また,Kingsoft Office2007で作成したファイルはPDFファイルとして出力できるのがとても魅力です(Microsoft Officeにはない機能ですから).

僕自身は,eeepc901xにKingsoft Office2007を導入した後,編纂中の臨床実習本の執筆・校閲作業でこのソフトを使いました.

また,講演で使用するプレゼンテーションもKingsoft Office2007で作りました.

eeepc901x自体が小さいPCですので,長時間(連続6時間ぐらい)の作業はデスクトップPCに比べてやっぱり疲れましたが,Kingsoft Office2007の使い勝手自体はとても満足できるものでした.

既に,Microsoft Officeを導入している方,容量の大きなノートPCを使っている方,お金がたくさんある方には,Kingsoft Office2007は必要ないかも知れませんが,現時点でMicrosoft Officeを導入していなかったり,eeepcのような小型のPCを使って資料作成をしたい,あるいはソフトに大金をかけたくない,という方にはKingsoft Office2007は超おすすめです♪