卒論発表会の練習

本日は,卒論ゼミ生たちによる卒論発表会の練習がありました.本番は週明けの月曜日なので,練習も本番さながらに行われました.上手にプレゼンできた人,ここにきてちょっぴり修正が必要な人,いろいろいましたが最後まで気を抜かずにやりきってもらえたらと思います.

僕はいまだに発表前はできるかぎり練習するようにしています.この間の博士論文公聴会のときなんか,嫁と二人の息子を聴衆にして,そりゃもうひつこいぐらい練習しました.3歳の長男坊は何かの遊びかと思ったらしく,「パパおもちろい」と言って笑っていました.いまもときどき「もっと練習せんでええんか?」と言ってきます.人生には地道な努力が必要だと気づいたのでしょうか(まだそれはありえないね^^;)

さて,今年僕が担当した卒論のテーマは「働く人の作業機能障害の実態調査」「作業を原理的に基礎づける」などなかなか面白いものばかりでした.なかには2年近く前から取りくんだ立派な研究もあり,学生が無事に国家試験に合格して作業療法士になったら学術雑誌に投稿することになると思います.創造性のある仕事というのはやはり楽しいです.

【社会医学技術学院の入試情報】

一般入試(Ⅱ期)

作業療法学科編入