カンガエルヨロコビ

現在,作業療法に関連したいくつかの共著論文と編著書の執筆に取りくんでいますが,その過程で関連する様々な文献を吟味しています.

先行研究を検討しながら原理的思考を押しすすめていくうちに,作業療法においてまったく接点がないように言われている「あれ」と「これ」の根っこが実は同じだったと気づいたり,ちまたでは××として理解されていることが実は○○と理解した方がより根底的だったと発見できたり,,,いろいろなことが有機的に組織化されてきました.

何らかのテーマについて原理的に考えぬいていると,ときどき「ズバッ!」と一気に視界がはれる瞬間がおとずれるのですが,この知的快感があるから僕はtheoretical researchをやめられないんです♪

今回,原理的に把握できたことすべてを,現在執筆中のものに反映させることはできませんが(テーマがずれるものもあるで),いずれ理論論文や著書などでしっかり論じたいと思っています.

【新刊情報】