eeepc901-xにSHD-ES9M32Gを導入

ここんところ,愛用のeeepc901xのプチフリが目立ちはじめました.

携帯を使うような感覚で使用していた僕としては,このモッサリ感になかなか耐えられない!

いろいろ調べたらBUFFALO SHD-ES9M32Gの評判がよろしく,いろいろ削って調整したとはいえeeepc901xの容量の小ささにも限界を感じはじめていたので,おもいきってこれを実装することにしました.

まず,BIOSをアップデートする必要があると言うことだったので,最新の2103にしたところSHD-ES9M32Gの認識がされませんでした.

しょうがないからeeepc901xにもともとあったSSDに戻したところ,なんとBIOS上はこれを認識しているのにマイコンピューターにはDドライブとして表示されていないではありませんか.

もちろん,DドライブにインストールしていたFirefoxなどのアプリケーションも動きませんでした.

そして,なぜか無線LANではネットにもつながらない.

これはやばいと思って再びいろいろ調べたら,アマゾンのカスタマーレビューでBIOS1903で動作確認されたとの記事を見つけました(書かれた方ありがとうございました).

BIOSが最新過ぎてもだめなのかもと思って,eeepc901xにイーモバイルをつないでBIOSを1903にダウングレードしました.

すると,SHD-ES9M32Gがちゃんと認識されていました♪

eeepc901xにSHD-ES9M32Gを実装する方は,BIOSは単純に最新版にするよりも1903にしておいた方がいいかもしれません.

後はリカバリし,SHD-ES9M32GがCドライブとして認識されていました^^

懸案だったプチフリは,今のところまったくありません.

Cドライブだけで容量も8倍(!)に増えましたし,まだまだサードPCとしてがんばってもらえそうです.

なお,SHD-ES9M32Gはeeepc901-16G専用ですから,901xへの搭載は動作保証対象外になります.

「実装してみようかな」と思った方は,そのことは了解しておくとよいでしょう.

【新刊情報】