書くことは楽しい

気がつけば9月に入ってから一度もブログの更新をしていませんでした.

8月から現在に書けて,とにかく原稿を書きまくる日々でした.

1カ月ちょっとでおそらく十数万字は書いたと思います.

単著と編著の原稿〆切が迫ってますからね.

原稿を書いていて「ツイているなぁ」と思うのは,「書きたいけどなかなか筆が進まない」とか「書きたくないけど書かなければならない」という気持ちにならないということ.

書いているうちに次々テーマが見つかるし,ある程度洞察が進んでから書くこともあって,筆が停滞してしまうこともあんまりないですし.

もちろん,原稿を書く作業は基本的に「孤独」ですし,しんどいことも少なくありませんが,それよりも何よりも根っこの部分で楽しいと感じられているのだと思います.

これで売れる文書を書けるようになればさらによいのですが(笑).

明日からは実習訪問の日々がはじまりますから,原稿執筆に割ける時間が格段に少なくなります.

僕にとってシルバーウィークは,原稿執筆の追いこみウィークになりそうです.