受験生のための作業療法・超入門

ホームページに「受験生のための作業療法・超入門」というページを新しく作りました。

多くの受験生にもっと作業療法を知ってもらえれば,という気持ちで作成しました。

内容は適宜加筆修正していくかもしれません。

以下に,導入部分を貼りつけておきますので,関心のある受験生の方はホームページで詳細をご覧ください。

━━━━━
1.受験生の不幸?

受験生のみなさん、こんにちわ。

京極真です。

私は高校や予備校の説明会で、受験生に作業療法についてお話しすることがあります。

その際、作業療法について肝心なことは何も知らないまま、作業療法を選択している受験生にたくさん出会ってきました。

受験生はだいたい瑣末な事実、たとえば「作業療法には身体障害領域だけでなく、精神障害領域、発達障害領域もある」とか、「専門学校と大学のいずれを出ても、作業療法士国家試験受験資格が得られる」とか、「作業療法はいろいろな活動を使って療法する」などについては、だいたい知っています。

でも、これらは知っても知らなくても、実はそれほど問題にならない類の話しです。

不幸なことに、作業療法のもっとも大切な部分については、だいたい知りません。

もちろん、受験生は普通、これから学ぶであろう学問の芯を知らないまま進学します。

知っていることは、あらたまって学ぶ必要がありませんから、進学後に学ぶであろう学問の中心を知らずに進学する、という状況はいたって当たり前です。

だから、進路選択において、その先で学ぶことの中心ポイントなんて普通は問題にならない。

だけども、作業療法は事情が異なります。

この場合、受験生は作業療法士の「養成校」で教育を受けますから、そこで学んだ後は一般に「作業療法士」として一生を捧げることになります。

つまり、よく知らないまま進路選択した先で学んだことが、自分の一生の費やし方をはっきり決めてしまう。

普通の進路選択のように「仕事のことなんて卒業するまでに決めておけばいいや」というモラトリアムの期間が、ここにはありません。

これは結構な不幸です。

まず、肝心なことを何も知らずして進路選択したため、数年後に悔いるという不幸が考えられます。

次に、作業療法のもっとも大切な芯を知らなかったため、進路選択のときに別の道(たとえば理学療法)に進み、後になってから「作業療法にしておけばよかった」と気づくという不幸もあるでしょう。

また、作業療法士にとっても、心から作業療法を愛し、作業療法士になりたいと願っているわけではない、という人を作業療法業界に迎えいれる不幸があると思います。

受験生が進学後に学ぶであろう学問を知らずに、受験行動を引きおこすのは当たり前。

でも、その当たり前が、さまざまな不幸を呼びこむ可能性があるわけです。

(続きは、こちらで!)
━━━━━

【既刊情報】