受験生のための作業療法士養成校の選び方

ホームページに受験生のための「作業療法士養成校の選び方」というページを追加しました。

受験生の志望校選びに役立てば,と思って作成しました。

内容については,適宜加筆修正していくかもしれません。

以下に,導入部分を貼りつけておきますので,関心のある受験生の方はホームページで詳細をご覧ください。

━━━━━
1.全入時代=「本物を見抜く力」が試される時代

受験生のみなさん、こんにちわ。

京極真です。

受験生に「最終的に志望校を決めた理由」について聞くと、だいたいの方が「学校設備」「交通」「就職率」「学費」を踏まえて決めたと答えてくれます。

つまり、普通の受験生は、学校の設備が良く、交通アクセスが便利で、就職率が高く、学費が安い、という条件を満たす養成校を、志望校として最終選択するわけです。

ふむ、なるほど。

この選び方は、一般的な志望校選びとしては、おそらく妥当です。

だけど、作業療法士養成校の選び方としては、ちょっと不十分だと思います。

つまり、上記の理由のみで作業療法士養成校を選んだ学生は、後々後悔しやすい可能性がある。

というのも、作業療法士養成校を選ぶときには、上記のポイントに加えて、もっとちゃんと確認しておいた方がよいポイントがあるためです。

「全入時代」を迎えたいま、作業療法士養成校が受験生を選ぶという構図は成立しにくくなりました。

受験生にとってこれは、過剰な受験戦争を体験せずにすむという点において、ハッピーなことかもしれません。

だけども、受験生は「本物を見抜く力」を試される状況におかれることになります。

理屈のうえではどこでも入学できるのに、それでもなお変なところに入学したとしたら、それはもはやコントです。

コメディーのコントは最高のショーですが、人生のコントはその道のプロでなければ火傷のモトです。

なので、受験生は進学するに値する作業療法士養成校を探しだす必要があります。

というわけで、ここでは普通の受験生にはあまり知られていないけども、知っておいて損することはないと思われる作業療法士養成校を選択するポイントについて、(私の独断と偏見をまじえながら)お話します。

なお、以下のポイントを交えながら志望校を決めて失敗しても、もちろんすべて自己責任ですからあしからず。

(続きは、こちらで!)
━━━━━

【既刊情報】