臨床実習前の態度とは

最終学年の作業療法学生さんたちは,国家試験に向けて日々努力していると思います。

他方,来年度から最終学年になる作業療法学生さんたちは,臨床実習対策に勤しんでいるのではないでしょうか。

臨床実習に行く前は,不安や悩みに襲われることがあると思います。

でもそれは当たり前のことでもあるのです。

なんてったって,これまで経験したことがない課題に取りくむのですから。

だけども,不安や悩みに圧倒されて萎縮してはいけません。

思考と行動から伸びやかさが失われますから,臨床実習でもっとも大切な体験学習の成立が難しくなります。

その先にあるのは「必敗」の扉です。

だけども,自信過剰になる必要もありませんよ。

自信過剰は体験学習の成長曲線を押し下げる要因にもなりえますから。

不安,自信,悩み,勇気などの複雑な感情が適度にぐちゃぐちゃしているぐらいがちょうどいいのです。

【好評発売中】