就職氷河期はなぜ悲惨なのか

少し前に,ネットニュースで大学4年生の就職内定率が調査開始以来もっとも低いと書いてありました()。

まさに,僕たちの世代が体験した就職氷河期の再来といったところでしょうか。

就職氷河期は新卒者にとってたいへんな苦境であることに間違いありません。

だけど,それが悲惨なのは,いま就職先がないことではなく, いまここで就職できなければ,その後の可能性までもが同時に閉ざされる点にあります。

皆さんご存知のように,企業の採用方式は基本的に新卒一括採用です。

新卒一括採用という仕組みは,学生が在学中に就職活動し,企業から内定をもらい,卒業と同時に正規労働者として雇用されるものです。

この方式では,企業は「新卒」という一時点でまとめて正規労動者を確保します。

言い方を変えれば,そのレールから外れた人は正規労働者として雇用される機会を,大きく失います。

新卒一括採用で弾かれて,フリーターになった人はずっとフリーターのまま,非正規労働についた人はずっと非正規労働のまま。

本人の努力とは関係なく,新卒一括採用という名の一発勝負に破れたら最後,そこにやり直しのチャンスはほぼありません。

長い人生のその後の行方が,新卒という一時点で正規労働者として雇用されるかいなかによって,ほぼ規定されるのです。

たまたま卒業時に就職氷河期だったことで,未来の可能性までつんでしまうことが,悲惨さの芯なのです。

再チャレンジの機会が,新卒者と同様に保証される社会であれば,就職氷河期がここまで悲惨なものになることはないはずです。

就職氷河期はときの経済状況によって生みだされます。

しかし,経済状況はかならず循環します。

そのため,再チャレンジの機会が平等に担保されていれば,新卒時に職を得られなかったとしても次に正規労働者になれる機会がかならず巡ってきます。

日本の就職活動には機会平等が,必要なのです。

もちろん,就職氷河期が悲惨なものにならないようにするためには,新卒時に職を得られなければ職業訓練を受けられるようにすること,既に正規労働についている人の転職を容易にすること,仕事がないときのセーフティネットを機能させること,新卒からしばらく正規労働につけなくても老後の生活が担保されること,なども必要になりますが。

就職氷河期の責任は新卒者にはありませんから,いまのようなギャンブルの要素が強い採用方式は変えていくべきでしょう。

【近刊情報】
2010年上旬に3冊(単著1冊,編著2冊)発売予定!

【好評発売中】
なぜいま医療でメタ理論なのか-構造構成主義研究3
作業療法士・理学療法士 臨床実習ガイドブック