作業療法にイノベーションを

いま作業療法に必要なのはイノベーションだ,と僕は考えています。

大学院レベルの教育も充実しつつありますから,以前よりも素地は整いつつあると思います。

だけども,おそらくそれだけではまだ不十分です。

作業療法でイノベーションを促進するには,作業療法を取り巻く労働市場の流動性を確保し,人的資本の移動を容易にしていく必要があります。

それに加えて,作業療法が成長分野として期待されるよう実質化する必要もある。

それには,ひとりひとりの作業療法士にケタ外れの努力が要求されるはずです。

でも,将来にわたって美味しいご飯を食べ,あったかい布団で眠るためには,やるしかありません。

僕も作業療法にイノベーションを起こすために,これからもケタ外れの努力を続けよう。

コタツにもぐりこみながら蜜柑を口に放りこんだとき,あらためてそう思いました。

【近刊情報】
2010年上旬に3冊(単著1冊,編著2冊)発売予定!

【好評発売中】
なぜいま医療でメタ理論なのか-構造構成主義研究3
作業療法士・理学療法士 臨床実習ガイドブック