労働市場に希望と可能性を担保できるシステムを構築するべき

若い世代の雇用安定に関する共同声明がでたようです()。

この記事を見る限りにおいて,上のほうのかたたちは硬直化しきった労働市場を再構築するつもりなどないことがよくわかります。

新卒者の就職が厳しい理由は,従業員の雇用の安定という美名のもとで続いてきた終身雇用と年功序列にあります。

また,新卒で失敗すると再チャレンジの機会が閉ざされる理由も,このシステムが大きく関わっています。

さらに言えば,非正規労働者がワーキングプアのドツボにハマって抜けだせないでいるのも, 同じシステムがかなり影響しています。

終身雇用と年功序列と言えば聞こえはいいですが,それによって現在の労働市場は機会均等がまったく担保されなくなっているのですよ。

また現在,定期昇給が問題になっていますが(),そのうち「定昇で議論していたなんていい時代があったものだ」というようになるでしょうね。

国としてこれといった成長戦略のない状態ですから,このままいけばほぼ間違いなく,私たちサラリーマンの賃金はこれから下がり続けるからです。

それでもなお,労動者ができる限り気持ちよく働けるようにするには,硬直化しきった労働市場を流動化させることがひとつのポイントになるのです。

とにかく,希望と可能性が担保された労働市場を可能にするルールを創りだす必要があります。

作業を適切にできるようにする専門家である私たち作業療法士が,その一助を担えるとよいですね。

【近刊情報】
2010年上旬に3冊(単著1冊,編著2冊)発売予定!

【好評発売中】
なぜいま医療でメタ理論なのか-構造構成主義研究3
作業療法士・理学療法士 臨床実習ガイドブック