高知で猛者に出会う

基調講演を行うため,高知県に行ってきました。

高知の作業療法士はとても熱く,しかもいい人達ばかりで,高知の作業療法の未来は明るいなぁと思いました。

特にOさんは,これまで僕が出会ってきた,たくさんの新人から中堅の臨床作業療法士のなかでも,間違いなく最強クラスに属するであろう猛者でした。

彼が今後もそのケタ外れの努力によってどんどん深化していけば,もしかしたら現代作業療法の坂本龍馬になるかもしれません(高知の臨床作業療法士なだけに^^)。

同世代にOさんのような猛者がいてくれると,これからの作業療法がかなり面白くなりますし,本当によい刺激になります。

作業療法道に終わりはないですね♪

【近刊情報】
2010年上旬に3冊(単著1冊,編著2冊)発売予定!

【好評発売中】
なぜいま医療でメタ理論なのか-構造構成主義研究3
作業療法士・理学療法士 臨床実習ガイドブック