潜在力を引き出す介助―あなたの介護を劇的に変える新しい技術

友人であり、かつての上司でもある理学療法士・田中義行先生が、『潜在力を引き出す介助―あなたの介護を劇的に変える新しい技術』という単著を出版されました!

一緒に働いていたころ、田中先生が「利用者本来の力を引き出す介護の重要性」について熱く語っていた姿を、いまくっきりと思いだしました。

現在ひろく膾炙する介護技術の前提にある原則を根本から問い直しつつ、新しい介護技術が論じられています。

ちなみに、東京では8月、大阪では9月に出版記念セミナーも行われるそうです。

関心のあるかたは、ぜひお読みになってくださいまし♪

田中先生がときどき出没するブログはこちらから。 

追記

田中先生は、僕が編著者を務めた下記の二冊にも寄稿してくれています。

こちらもよろしければぜひどうぞ♪
【新刊情報】
作業療法士のための非構成的評価トレーニングブック-4条件メソッド
持続可能な社会をどう構想するか-構造構成主義研究4

【近刊情報】
2010年上旬に1冊(編著1冊)発売予定!

【応援中!】