学振PD凍結問題

学振PDの採用内定者がゼロ名という結果でした。
平成23年度の予算が未定であることが理由だそうです。
これはおそらく、政策コンテストに若手研究者の育成事業が賭けられた影響でしょう。
しかし、マジでこれはエゲツないです。
PDに応募しているのは、その分野でも優秀な若手研究者たちです。
もし、このままPDが凍結されるようなことになれば、これから日本のアカデミズムを牽引していくであろう方たちが一斉に討死しかねない事態に陥ります。
もしかしたら、PDに落ちたら普通に就活すればいいと思う方もいるかもしれませんが、若手研究者の就活は極めて厳しいのが現状です。
研究職のポストはとても少ないからです。
じゃ、一般企業を対象に就活すればいいと言う方もいるかもですが、若手研究者は年功序列制度から外れた方達ばかりですから、一般の大学新卒の方よりもはるかにチャンスが少ないのです。
日本の頭脳になりうる優秀な若手研究者ですら生活に困窮するようなことになれば、日本のアカデミズムに未来はないでしょう。
それだけではありません。
日本の可能性を引き上げうる優秀な若手研究者が討死したら、その先に待っているのは日本のさらなる停滞だけです。
日本は借金大国ですから、無駄を省く必要があるのは理解できます。
だけども、他にもっと削るべき無駄な事業あるでしょう。
むしろ、日本の未来の可能性を押しあげるには、教育研究は豊かにしていく必要があるはずです。
だって、日本には人材以外にこれといった資源がないんですから。
PDにかかる費用をケチッたってどうにもならないんです。
そんなことするよりも、優秀な若手研究者たちがハイパフォーマンスを発揮できるような状況を作るほうがよっぽどリターンがあるでしょう。
あぁ、日本は本当に「どんなに頑張っても報われない社会」になってしまうのでしょうか。
【新刊情報】
作業療法士のための非構成的評価トレーニングブック-4条件メソッド
精神障害領域の作業療法-クリニカル作業療法シリーズ
持続可能な社会をどう構想するか-構造構成主義研究4