youtubeに尖閣諸島問題のビデオ映像が流出

すでにご存じの方も多いでしょうが、菅内閣が隠し続けた尖閣諸島中国船衝突事故の映像がyoutubeに流出しました。
本物の映像のようです。

http://www.youtube.com/user/sengoku38#p/a

中国船が海上保安庁の巡視艇に体当たりしてくる様子がしっかり写っています。
どんなに贔屓目に見ても、中国船が巡視艇にぶつかってきている、としか見えません。
ものすごく緊迫した空気が立ちこめています。
菅内閣は事故が起こった直後に、このビデオを国内外のメディアに公開するべきだったと思います。
そうなれば今まで以上に、国際社会の厳しい視線が向けられるでしょうから、中国政府もここまでゴネられなかったのではないか。
どうして公開しなかったのでしょうか、菅内閣。
この巡視艇に乗られていた方たちは、これまでの政府の対応をどんな思いでみられていたのでしょうか。
悔しかったでしょうね。。。
さて、危険な任務につかれた海上保安庁の方々や、リスクを犯してまでビデオ映像を流出させてくれた方のためにも、僕たちは安易なナショナリズムに陥ることなく、それぞれがハッピーになれるためのストラテジーを選択していく必要があると思います。
菅内閣はそれ相応の批判を受けるでしょうし、中国政府はさらにゴネるかもしれませんが、本来的に喧嘩したり、誹謗中傷することが目的ではないはずです。
それぞれの国益を尊重しながら発展していくことが目的でしょうから、ナショナリズムに扇動されて批判合戦に終始したり、戦争に突きすすむことだけは避けていかなければなりません。
こういうときこそ、現実的制約と目的を再確認し、もっともbetterな解を探りあてながら進む必要があります。
完全な解は求めてもそんなものどこにもないのが国際関係でしょうから、それにめがける限りは紛争に終わりがなくなります。
だから、いつまでもネチネチ争うことが目的でない限りにおいて、「お互い痛いところはあるけども、さしあたりここで手を打ちましょう」というちょっぴり大人な解にめがける必要があるのです。
それでも、争うこともあるでしょうが、一時的なものでおさまるでしょう。
僕はいつまでもネチネチ争い、おおぜいで殺しあうのだけは嫌です。
何にしても、ビデオ映像を流出してくれた方、どうもありがとう。
自由は統制に勝つということが、とてもよくわかりました。
【新刊情報】
作業療法士のための非構成的評価トレーニングブック-4条件メソッド
精神障害領域の作業療法-クリニカル作業療法シリーズ
持続可能な社会をどう構想するか-構造構成主義研究4