長野康博・著『PT・OT学生のための実習を乗り切るらくらく実践術』

僕のかつての教え子である長野康博くんが『PT・OT学生のための実習を乗り切るらくらく実践術』(医歯薬出版)という著書を発売しました!
長野くんは学生時代からとびきり優秀だったので、いずれ花ひらくときがくるに違いないと思っていたのですが、作業療法士になってたった3年で書籍を出すなんて僕の予想を遥かに上回るハイパフォーマーぶりです。
教育者としての僕は、(かつての)教え子が予想を超える成果を発揮してくれたときに、大きな喜びを感じます
そういうとき、僕は手放しで喜んでしまいます。
特に、若手ががしがし活躍してくれれば、作業療法業界全体の活力にもなりますからね。
他にも、たくさんの優秀な若手作業療法士がいるでしょうから、長野くんに刺激を受けてどんどんチャレンジしていってもらいたいものです。
というわけで、臨床実習を有意義に過ごしたい学生諸君は、ぜひ長野くんの書籍を参考にしていただけたらと思います(できれば僕チンが編集した『臨床実習ガイドブック』も併せて読んでくれるとうれしいかも(笑))。
以下、amazonさんから著者略歴の抜粋です
長野康博
2003年4月東京来栖学園江戸川医療専門学校(:学校法人アゼリー学園東京リハビリテーション専門学校)作業療法学科入学。2007年3月同卒業。2007年4月橘光葉会三条東病院リハビリテーション科(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


精神障害領域の作業療法-クリニカル作業療法シリーズ
持続可能な社会をどう構想するか-構造構成主義研究4