満員御礼! OBP2.0 in 湘南OT

9月23日(月)に湘南OTで「OBP2.0」の研修会がある。

この研修会は、本格広報前なのだが、すでに定員に達したと知らせがあった。
本当にありがたいかぎりである。

今後はキャンセル待ち受付になるので、関心がある方はぜひキャンセル待ち登録していただきたい。

http://1st.geocities.jp/shounan_ot/sinnen.html

さてOBP2.0とは、多職種連携しながら作業療法を展開するための新しい理論である。

開発者は新進気鋭の研究者である寺岡睦さん(@teraokamutsumi)、そして僕である。

理論構造は信念対立解明アプローチと作業療法を有機的に統合したものになっている。

こうした理論は他にはないし、クライエントに資する作業療法という観点からも価値があるのではないかと思っている。

湘南OTでは、このOBP2.0の理論と実践をたっぷり学べる機会にしたいと考えている。




ちなみに当初の予定では、企画立案者の鈴木宏幸さん、提唱者の寺岡さん、共同開発者の僕の3名が講師だった。

現在は、この3名に加えて、初台リハビリテーション病院の河野崇さんも講師に加わった。

河野さんは、吉備国際大学大学院保健科学研究科修士課程でクライエントと作業療法士の信念対立と対処法を研究し、作業療法士にとって非常に重要で深刻な知見を発見しつつある。

この知見はOBP2.0の社会的意義につながるものであると考え、今回の湘南OTで講師として登壇していただくようにお願いするにいたった。

参加者の皆さまは、ご期待あれ。