講演:信念対立解明アプローチ

久しぶりのBlog更新です。

以下の日程で講演やります。

お近くの方はぜひどうぞ。

詳細は下記のリンクから。

http://www.jaist.ac.jp/event/2014/826.html

*****

日時:8月26日(火)16:00~17:30

場所:北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科講義棟2階 中講義室

テーマ:信念対立解明アプローチ

講演者: 京極真(吉備国際大学大学院保健科学研究科・准教授)

要旨:

信念対立解明アプローチ(dissolution approach for belief conflict)とは、信念対立という関係性のトラブルを克服するために体系化 された理論である。

信念対立は、患者/家族と医療従事者間、医療従事者内、医療従事者間 で生じることが確認されている。



信念対立と職業性ストレッサーは中等度から弱い相関があ り、職場の支援体制とは強い相関があることが確認されている。

また信念対立が重度化する とストレスが増大し、バーンアウトに至ることが明らかにされている。

信念対立解明アプロ ーチは、この信念対立の対処に特化した理論である。

信念対立解明アプローチの特徴は「解明 dissolution」という考え方にある。

解明とは問題を解き明かすことである。

解明は問題 の問題性を抜き取って消滅、破壊するという考え方である。

このアイデアは構造構成主義、 現象学、構成主義、ブディストの禅やタオイストに由来している。

信念対立解明アプローチ は円滑な社会生活に必要なライフスキルであると考えられる。

講義では信念対立解明アプロ ーチの理論と実践に関する最新の知見を示す。