新連載『心楽しく働くにはどうしたらよいか?? 信念対立解明アプローチ入門』

2014年11月から月刊誌『治療』(南山堂)で信念対立解明アプローチの連載がはじまりました。

プライマリケア医向けの雑誌です。

連載では信念対立事例を紹介し、その解明法を解説していきます。

表題は『心楽しく働くにはどうしたらよいか??』ですが、私たちは生きるために働くわけです。




なので、この連載の一番の目的は「心楽しく生きること」を促進することになります。
第1回は「べきの人」です。

「〜すべきだ」とか「〜であるべきだ」という人は、信念対立に陥りがちで、本人も周囲の人も心楽しくなくなりがちです。

それをどうしたらよいか、というのが、今回のお題。

月刊誌『治療』の購入はこちらから!