吉備国際大学関連の演題 in 第49回日本作業療法学会

第49回日本作業療法学会で吉備国際大学に関連する研究者の演題は以下です。
25演題あります。

http://www.otgakkai49.jp





O1196特別支援学校における作業療法士の支援方法について
吉岡 和哉
吉備国際大学 保健医療福祉学部 作業療法学科 

O1216感情調節困難患者に対するマインドフルネス作業療法の主観的効果
―シングルシステムデザインを用いて―

織田 靖史 1,2) , 京極 真 3) , 西岡 由江 2) , 宮崎 洋一 2)
1) 吉備国際大学 大学院保健科学研究科博士課程 , 2) 近森病院 総合心療センター , 3) 吉備国際大学 大学院保健科学研究科 

O1314高齢者の挑戦水準・能力水準バランスを調整した作業療法がQOLに与える効果
―ランダム化比較研究―

吉田 一平 1,2) , 美馬 寛子 1) , 野中 哲士 3) , 平尾 一樹 4) , 小林 隆司 5)
1) 医療法人 博俊会 春江病院 リハビリテーション部 , 2) 吉備国際大学大学院(通信制) 保健科学研究科 作業療法学専攻 , 3) 神戸大学 大学院 人間発達環境学研究科 , 4) 吉備国際大学 保健医療福祉学部 作業療法学科 , 5) 首都大学東京 健康福祉学部 作業療法学科 

O1320達成動機尺度が作業参加,生きがい感,役割意識に与える影響
―地域在住高齢者に対する横断的調査による検証―

佐野 伸之 1,2) , 京極 真 3)
1) 吉備国際大学大学院 保健科学研究科博士課程 , 2) 株式会社アール・ケア , 3) 吉備国際大学大学院 保健科学研究科 

O1379急性期病院で包括的環境要因調査票(CEQ)を用いてより良い作業を見つける
河本 敦史 1) , 籔脇 健司 2) , 堀田 真一 1) , 中西 徹 1) , 井上 博幸 1)
1) 県立広島病院 リハビリテーション科 , 2) 吉備国際大学 保健医療福祉学部 

O2245ハンドセラピィを受ける患者が体験する信念対立の構造
多田 哲也 1,2) , 京極 真 3)
1) 吉備国際大学 (通信制)大学院保健科学研究科作業療法学専攻修士課程 , 2) 福井県済生会病院 リハビリテーション部 , 3) 吉備国際大学 大学院 

O2246終末期患者と関わる作業療法士が体験する信念対立の要因
増田 典子 1,2) , 京極 真 3)
1) 吉備国際大学大学院 保健科学研究科 博士課程 , 2) 共済会櫻井病院 リハビリテーション科 , 3) 吉備国際大学大学院 

O2416作業療法学科学生の意識と自己効力感の関係について
―テキストマイニングを用いて―

永井 貴士 1) , 小澤 莉沙 2) , 河村 章史 1,3) , 竹中 孝博 2,4) , 樅山 貴子 2)
1) 平成医療短期大学 リハビリテーション学科作業療法専攻 , 2) 平成医療専門学院 作業療法学科 , 3) 岐阜大学大学院 医学系研究科神経統御学講座脳病態解析学分野 , 4) 吉備国際大学大学院 保健科学研究科作業療法学専攻 

P1229e新しい意欲の尺度(SAMR)を用いて大切な目標の達成を促した実践
佐野 裕和 1) , 中島 均 1) , 佐野 伸之 2)
1) 井原市立井原市民病院 リハビリテーション科 , 2) 吉備国際大学大学院 保健科学研究科博士課程 

P1240h地域在住高齢者を対象とした家庭内潜在的障壁に対する自覚的・客観的比較と解決策の調査
中村 裕美 1) , 京極 真 2)
1) 埼玉県立大学 保健医療福祉学部 , 2) 吉備国際大学 保健医療福祉学部 

P1255gポジティブ作業に関する評価(Assessment of Positive Occupation:APO)のための項目の開発
野口 卓也 1,2) , 京極 真 3) , 佐野 伸之 1) , 寺岡 睦 1)
1) 吉備国際大学大学院 保健科学研究科 博士課程 , 2) 公益財団法人慈圭会 慈圭病院 デイケア課 , 3) 吉備国際大学 作業療法学科 

P1264h将来に不安を抱く患者に作業の語りから心境の整理を試みた事例報告
篠田 昭 1) , 南 征吾 2,3) , 小林 隆司 4)
1) 洛和会音羽病院 リハビリテーションセンター , 2) 大和大学 保健医療学部 総合リハビリテーション学科 作業療法学専攻 , 3) 吉備国際大学大学院 保健科学研究科 博士課程 , 4) 首都大学東京大学院 人間健康科学研究科 

P1311g多職種協働嚥下チーム「もぐもぐ」における作業療法士の役割
大内 康雄 1) , 薄井 尊信 1) , 京極 真 2)
1) 村立東海病院 , 2) 吉備国際大学大学院 

P1314b地域在住統合失調症者を対象とした包括的環境要因調査票の適用可能性
―ラッシュモデリングによる検討―

籔脇 健司 1) , 山元 恵子 2,3) , 京極 真 1) , 青山 克実 4) , 野藤 弘幸 5)
1) 吉備国際大学 保健医療福祉学部 , 2) 梅花女子大学 看護保健学部 , 3) 吉備国際大学大学院 保健科学研究科博士後期課程 , 4) 麻生リハビリテーション大学校 作業療法学科 , 5) 常葉大学 保健医療学部 

P1329a作業療法理論間の信念対立の特性とその全体像
―事例−コード・マトリックスを用いて―

古桧山 建吾 1,2) , 京極 真 3)
1) 吉備国際大学大学大学院 保健科学研究科修士課程作業療法学専攻 , 2) 医療法人 香徳会 関中央病院 リハビリテーション科 , 3) 吉備国際大学 

P1332d作業機能障害の重症度のランク数の解明
―作業機能障害重症度評価システムの開発に向けて―

寺岡 睦 1,2) , 京極 真 3)
1) 吉備国際大学大学院 保健科学研究科博士課程 , 2) 医療法人慶真会大杉病院 , 3) 吉備国際大学大学院 

P2567g地域在住高齢者が上肢支持を必要とした立ち上がり動作を探る
眞々部 仁美 1,2) , 石浦 佑一 1) , 竹中 孝博 2,3) , 中角 祐治 2)
1) 姫路獨協大学 医療保健学部 作業療法学科 , 2) 吉備国際大学大学院(通信制) 保健科学研究科 , 3) 平成医療専門学院 作業療法学科 

P2597e在宅認知症高齢者と家族介護者による共作業の特徴
―生活史にもとづく検討―

小野 健一 1) , 籔脇 健司 2) , 金山 祐里 1) , 岩田 美幸 2) , 土屋 景子 1)
1) 川崎医療福祉大学 医療技術学部リハビリテーション学科 , 2) 吉備国際大学 保健医療福祉学部作業療法学科 

P2605e「もう一度以前のような生活を取り戻したい」と願う事例への作業活動の提案
―作業創発的臨床推論法の検討―

古川 絵美 1) , 篠田 昭 2) , 南 征吾 3,4) , 小林 隆司 5)
1) 洛和会 音羽前田クリニック , 2) 洛和会 音羽病院 , 3) 大和大学 保健医療学部 総合リハビリテーション学科 作業療法学専攻 , 4) 吉備国際大学大学院 保健科学研究科 博士課程 , 5) 首都大学東京大学院 人間健康科学研究科 

P2611c訪問作業療法における患者介入プロセス:質的パイロット研究
南 征吾 1,2) , 小林 隆司 3)
1) 大和大学 保健医療学部 総合リハビリテーション学科 作業療法学専攻 , 2) 吉備国際大学大学院 保健科学研究科 博士課程 , 3) 首都大学東京大学院 人間健康科学研究科 作業療法科学域 

P2616h地域生活を送る慢性呼吸器疾患患者の作業参加が健康関連QOLに与える影響
市田 博子 1,2) , 岩田 美幸 3) , 籔脇 健司 3)
1) 平成医療専門学院 作業療法学科 , 2) 吉備国際大学大学院(通信制) 保健科学研究科作業療法学専攻修士課程2年 , 3) 吉備国際大学保健医療福祉学部作業療法学科 

P2623g地域在住統合失調症者の作業機能障害と環境要因の関係
―地域生活支援に必要な要因に関する予備的研究―

青山 克実 1) , 籔脇 健司 2) , 西野 朱美 3)
1) 専門学校麻生リハビリテーション大学校 作業療法学科 , 2) 吉備国際大学 保健医療福祉学部 , 3) 医療法人 水の木会 萩病院 デイケア室 

P2674b生活行為申し送り表を用いた作業療法士と介護支援専門員との連携が通所リハビリテーション利用者の社会機能に与える影響
大森 大輔 1) , 両部 善紀 2) , 井村 亘 3) , 狩長 弘親 4) , 小林 隆司 5)
1) 北川病院 作業療法室 , 2) 老人保健施設エスペランスわけ 通所リハビリテーション , 3) 玉野総合医療専門学校 作業療法学科 , 4) 吉備国際大学 作業療法学科 , 5) 首都大学東京 作業療法学科 

P2706b急性期病院におけるクリニカルクラークシップ導入の実践報告
守谷 梨絵 1) , 狩長 弘親 2) , 吉岡 和哉 2) , 小林 隆司 3) , 渡利 太 1)
1) 独立行政法人国立病院機構 福山医療センター リハビリテーション科 , 2) 吉備国際大学 保健医療福祉学部 作業療法学科 , 3) 首都大学東京 健康福祉学部 作業療法学科 

P2712h就労移行支援事業所との協業による臨床実習前実技の取り組み
狩長 弘親 1) , 土居 義典 2) , 岩田 美幸 1) , 吉岡 和哉 1) , 松田 勇 1)
1) 吉備国際大学 保健医療福祉学部作業療法学科 , 2) 株式会社ハートスイッチ