ダントンに学ぶ作業療法の原理 その1

作業療法の父と称されるWilliam Rush Duntonは、1918年に作業療法の原理を提案しました。
  • Dunton WR: The principles of occupational therapy. Public Health Nurse, 18, 316–321, 1918.
生活行為向上加算の追い風を受けて、作業に根ざした実践(本来の作業療法)が広がりつつあるため、ダントンが示した作業療法の原理を改めて理解しておく必要があります。

ダントンの作業療法の原理は、NSPOTで組織された委員会でもまれて、後に長いあいだ作業療法の基盤となった15の原理へと発展したからです。

これ抜きに、作業療法を深く強く理解することはできません。




ダントンが1918年に示した作業療法の原理は以下の9つでした。

1. That work should be carried on with curried the main object.

2. The work must be interesting.

3. The patient should be carefully studied.

4. The one form of occupation should not be carried to the point of fatigue.

5. That it should have some useful end.

6. That it preferably should lead to an increase in the patient’s knowledge.

7. That it should be carried on with others.

8. That all possible encouragement should be given the worker.

9. The work resulting in a poor or useless product is better than idleness.

下記の書籍に記載されています。





一目でわかるように、当時のダントンはoccupationworkを明瞭に区別できていませんでした。

これは、アメリカ大陸の植民の過程で、過酷な自然のなかで生きるためには労働しなければならなかった、という歴史的背景を踏まえないと理解しがたいかもしれません。

当時の作業療法の担い手たちは、労働(occupationやwork)は生きるためには欠かせないという体験を共有する開拓者の血脈を受け継いでいたので、両者の概念の使用があいまいなっていたところがあるわけです。




なので、現代作業療法では明確に区別されている両概念は、当時「生きる」という点でひとつに結びついていたところがあるのです。

とはいえ、世界初の作業療法の教科書を書いたTracyは、当時から両者の概念の違いに注意が向いていたことを考えると、いささか脇が甘いと感じちゃいますね。



さて、ダントンの作業療法の原理から学べることは何か。

結論から言うと、作業を活用する目的を明確にすることと、そのためには入念な準備が必
要だということです。

当たり前といえば当たり前ですが、それでもその内実を見ると視野が広がります。

まず彼の原理を見ると、作業は病者の健康教育のために活用するべきである、という観点で貫かれていることがわかります。

現代作業療法は健康と安寧に視点を向けますが、彼はそれに加えて人間の成長にも視点を向けていたことがわかります。

まぁ作業療法の目的に、作業を通した健康教育を掲げているのは、当時の作業療法の特徴なんですけどね。

そして、それを達成するために、作業を使う専門家は入念に評価し、計画を立てて、介入せよ、と表明しています。

実際、彼の著作を読むと、丁寧に作業が目的として、手段として用いられていたことがわかります。

趣味は2つ以上持てとか、結構ユニークなことも書いてあるのですが、それでも単純に作業を提供すれば良いと考えていたわけではありません。

作業に根ざした実践が注目されているからこそ、ぼくたちはダントンからもう一度学びなおす必要がありますね。

***関連リンク***