人間作業モデルの個人的原因帰属を理解するコツ


個人的原因帰属は自己有能感、自己有効感であると捉えると、とたんに理解が困難になります。

自己有能感や自己有効感は、個人的原因帰属の一面しか表さないからです。

その切り口から理解すると、この概念の全体像が見えなくなるのです。

では、個人的原因帰属はどう理解したらよいか。



結論から言うと、個人的原因帰属は「因果関係」を表す概念です。

原著を丁寧に読むとわかりますが、この概念は「わたしは世界に対して影響を与えられる」し、「わたしはよい結果を導くことができる」という感覚を表現しています。

つまり、個人的原因帰属を理解するためには、「原因→結果」という法則で世界が構成されている、という認識の仕方をつかむことが、まず一番に重要です。

そして個人的原因帰属は「原因」に「」を代入します。

私が原因でよい結果がもたらされると、「自己有能感」や「自己有効感」が向上します。

逆に、私が原因でわるい結果がもたらされると、「自己有能感」や「自己有効感」が低下します。

ここからわかるように、自己有能感や自己有効感は、個人的原因帰属が表現する「原因→結果」という法則のうち結果のみを示しています。

だから、個人的原因帰属は自己有能感、自己有効感であると捉えると、かえって理解が難しくなるわけです。


個人的原因帰属と似ていると理解されがちな作業有能性は、「原因→結果」という図式で表すと「結果」に力点を置いた概念です。

作業有能性は、全体として作業が「上手くできているかどうか」を表す概念なのでどうしてもそうなります。

だから、個人的原因帰属を自己有能感、自己有効感であると理解すると、「では作業有能
性とどう違うのか」という疑問にいきつくわけです。

もう一度書きますが、個人的原因帰属は因果関係の感覚を表す概念です。

世界は「原因→結果」という法則で支配されており、私(原因)は何らかの結果を導くことができる、という感覚を、個人的原因帰属という概念は表現しています。

***月間人気記事トップ5***

完全保存版!絶対に読んでおきたい作業療法の古典7選

初学者が学会抄録をうまく書くためのコツ

【厳選】無料で使える統計ソフト3選

 人間作業モデルでクライエントの意志を理解するコツ

一般化線形混合モデル(GLMM)のススメ