信念対立解明ツールの汎化質問がたくさんあるワケ



信念対立解明ツールに汎化質問がたくさんある理由は、洞察の視点を増やすというところに集約されます。

信念対立が強くなると、「何やってもダメ」とか「あきらめるしかない」「やっても無駄」という信憑にとりつかれます。

八方ふさがりという信憑はなかなか厄介で、冷静に考えたらやれることはまだたくさんあるのに、それに気づけない状態を作り出します。

そうなると、信念対立にやられたい放題になりかねません。




苦しむことが趣味ならそれで良いですが、そうでないなら何らかの対策を立てる必要があります。

たくさんの汎化質問はそのとき役立ちます。

いろんな角度から問いが向けられるので、洞察が刺激されて進むはずです。

また、答えやすい汎化質問から、徐々に答えにくい汎化質問へと軸足を移していくと、視点が広がって何らかの対策を考えやすくなります。

今後さらに改良されることになると思いますが、現時点ではとりあえずそういう理由でいろいろな汎化質問を用意しています。

信念対立で疲れていると、なかなかしんどいこともあると思いますが、上手にツールを活用していってください。