【厳選】統計が苦手な人のための書籍5選



統計が苦手な人でも理解できる本を紹介してほしい」と言われることがあります。

実は、ぼくもあまり得意なほうではありません。

特に、数的証明が続くと正直しんどいです。

なので、いろいろ読んで独習しました。

その中で、特にこれは苦手な人にオススメ!と感じる書籍を5冊紹介します。

1.本当にわかりやすいすごく大切なことが書いてあるごく初歩の統計の本

ちょっと古い本ですが、これおすすめです。

統計の基本的な考え方や仕組みの意味が、とてもわかりやすく、丁寧に解説してあります。

練習問題も豊富なので、解きながら理解を深められます。

基本的な理路がわかんないと、最新のベイズ統計学を理解しようと思っても分かりにくいので、これからやるといいです。



2.統計学のための数学教室

最近の書籍ですが、これおすすめです。

上記の書籍で基本的な考え方の理解を深めたら、この本で統計の理解に必要な数学を復習するとよいです。

統計学の入門書には、数式を一切排除した良書もあります。

が、研究で統計を使おうと思ったら、結局のところ数式の理解が必要です。

本書はとてもわかりやすく数学を解説してくれています。




3.英語教師のための教育データ分析入門 

英語教師のためのと書いていますが、ぼくたちヘルスケア領域にいる人でもまったく支障なくおすすめです。

ものすごく実践的な内容で、統計の使い方、結果の解釈の仕方、結果の書き方などがとてもわかりやすく、具体的に説明されています。

またQ&Aが懇切丁寧で痒いところに手が届く内容になっています。

ぼくは本書がボロボロになるまで読みました。

手元に一冊あるとよいですよ。



4.心理統計学の基礎―統合的理解のために

名著です。

心理統計学と書いていますが、その他の領域でもまったく支障なく学べる内容です。
統計が苦手な人が、深く強く理解するために役立つ書籍です。

記述統計から構造方程式モデリングまで幅広くカバーしていますので、これ一冊で包括的に理解を深めることができます。

ちなみに、ぼくは前の職場で、作業療法学科と理学療法学科の統計学を講義していましたが、授業前はこれで復習していました、笑。

いまでもよく読みます。


5.続・心理統計学の基礎

これも名著です。

上記の書籍の続編で、効果量、マルチレベル、ベイズなどといった最新の動向をわかりやすく解説してくれています。

統計が苦手な人が、本書を単独で読んでもたぶん理解できません。

なので、1から4で紹介した書籍で基本的な考え方を学んでおくと、新しい動向について理解を深められるでしょう。