【厳選】項目反応理論ができる無料ソフトウェア3選

ぼくたちの研究室でも実際に活用している項目反応理論の無料ソフトウェアは、エグザメトリカHADRのltmパッケージの3つです。

他にもいくつか無料で使えるソフトウェアはありますが、この3つはとても使いやすくてお薦めです。

作業療法の尺度研究で項目反応理論を使おう』と書いた手前、それを実行できる無料ソフトウェアも紹介しないとね。

⓪ 資料

項目反応理論を勉強したい人は、以下の資料がとても役立ちます。

項目反応理論について

① エグザメトリカ

荘島宏二郎くんが開発した潜在ランク理論、項目反応理論、非対称三角尺度法、カテゴリ
カルデータ解析のためのソフトウェアです。

説明書を読まなくても、直感的な操作でソフトウェアを扱える優れものです。

モデル母数は2パラメーターロジスティックモデルから5パラメーターロジスティックモデルまで実行できますし、等化にも対応しています。

ぼくたちの研究室では、潜在ランク理論を活用した研究プロジェクトをいくつか走らせているので、このソフトウェアは必須のアイテムになっています。

ちなみに荘島くんは、ぼくが修士時代に出会った尊敬できる研究者仲間のひとりで、かつて一緒に本も書きました、笑。





② HAD

無料で使える統計ソフト3選』でも紹介したHADです。

清水裕士さんが開発した無料のソフトウェアで、個人で開発しているとは思えないぐらいの速度で、どんどん新機能が実装されていきます。

HADでは一因子のカテゴリカル因子分析の結果を基に、項目反応理論の結果を出力してくれます。

ぼくたちが注目している潜在ランク理論もHADで実行できます(ありがたや!)。

以下の記事でわかりやすい説明があります。

HAS11.20をアップしました

③ Rのltmパッケージ

Rで項目反応理論はいろんなパッケージでできますが、今のところぼくはこれが使いやすいです。

1パラメーターロジスティックモデルから3パラメーターロジスティックモデルまで実行できます。

閾値の等値制約ができたり、plotのカラーを調整したり、いろいろ自由度が高いです。

多次元項目反応理論はできないようです。

その場合はmirtがよさげです。

④ その他

有料なので紹介しませんでしたが、もし予算があるようならMplusがおすすめです。


構造方程式モデリングの下位モデルとして項目反応理論を実行できますので、自由度がめちゃくちゃ高く、非常に柔軟なモデリングが可能です。

使いこなせないぐらい高機能です。

潜在ランク理論はMplusできないので、HADやエグザメトリカを併用しています。