実習の指導法をめぐる信念対立はどう解消するか

従来の症例基盤型実習とクリニカルクラークシップの信念対立という問題を相談されることがあります。

両者の意見の相違は、どうおりあいつけたらいいのか、と。

結論から言うと、ぼくは「法律を侵さない限りにおいて、学生が実習という経験を通して学べるなら、どういう方法で教えていただいても無問題ですよ」とさしあたり応えています。




教育は、学習者の成長=学習が促進されうるかどうかに生命線があります。

つまり、学習者の成長=学習という目的を適切に達成できるなら、その限りにおいてその方法はさしあたり妥当であったと言えるんです。

逆に、どんなに良いと言われる方法でも、学習者の成長=学習を導けないなら、その限りにおいてその方法は妥当ではないんです。

信念対立の解消を念頭におく限りは、そういう話になります。

実習指導の方法で信念対立が生じそうになったら、現象にしっかり意識を向けて、学生の成長=学習を促進しうる方法かどうかでその適否を判断するようにしましょう。