介護の現場はマネジメントが大事



介護の現場はなかなかハードですが、チームワークでカバーできるところもあるだろうと思います。

先日から介護職員の方々から意見をもらえる機会が続いているのですが、作業療法士のぼくからみても相当キツいものがあります。

もちろん、作業療法士として介護の大変さは理解しているつもりですが、実際に働かれている方々の話を聞くと当事者に近い視点で理解が深まります。

頭が下がりますよ、ほんと。

全体として厳しい労働環境で、それは介護そのもののしんどさに加えて、労働時間の長さ、安い給与、難しい人間関係、重要な仕事であるにもかかわらず評価が低い、などの要因が重なることによって生じているように感じています。

これどうにかしないと少子高齢化&人口減少の荒波に耐えられないっすよ。

で、チームワークです。

介護の現場は、いろいろきっつい状況があるので、チームワークを活かして少しでも負担を減らす算段が必要だろうと思います。

ここで重要なポイントのひとつが、介護支援専門員さんの存在です。

介護支援専門員が適切に機能すると仕事のハードさが違ってくることがあるようです。




逆に言えば、介護支援専門員がきちんと仕事できない場合は、なかなかもって苦労するわけです。

ぼくがちょっと関わっただけでも、「えっ?なんでこの事例で〇〇やってないの??」という驚く事例も少なくないですから。

そしてそのしわ寄せは、現場の介護職員の方々に押し寄せてくることがある、と。

介護支援専門員にきっちり仕事してもらえると、チームワークが機能しはじめますから、そのぶん現場の負担もへって、利用者にも良いアウトカムをもたらせるだろうと思います。

では、どないしたら介護支援専門員がチームワークの活性化に貢献できるのか。

ありきたりですけど、ケアプランを作成する技術の高さや法制度のいろんな側面に精通することなどに加えて、利用者さんの状態の適切な評価、チームメンバーの専門性の深い理解、高いコミュニケーション力などなどが必要でしょうね。

何にせよ、一昼夜でどうにかなるもんではないでしょう。

問題意識を明確に持って、継続した取り組みが、マネジメント力の向上につながるはずです。