改良なう

昨日、OBP2.0共同開発者と同理論を基盤にしたリーズニング支援ツール試作版の検討会議を行いました。

リーズニングはようするに臨床思考で、チームワークと作業中心を両立する思考ができるようにサポートする内容になってます。

理論の習得とは「思考法」が変わるということなんですよね。

これは単に理論のフレームワークにしたがうだけでなく、そこから事例にあわせて逸脱することもできるバランス感覚ごと身体化できる必要があります。




思考法というと行動がともなわないんじゃないかと早合点するおっちょこちょいな人がいますけど、思考と行動は連動しており思考は行動の十分条件です。

もちろん思考が介在しない行動もありますが、それふつう反射とよびます。

さてOBP2.0基盤のリーズニング支援ツールは共同研究者に実際に使ってもらい、いろいろコメントをもらって再び改良しているところです。

いくつかエラーが生じて、なかなかうまくうごかないところがあったのですが、試行錯誤しているうちに無事に解決です。

MOHOやICFなどもこういうツールがあると良いねと話していたのでもしかしたら作るかもしれませんが、インセンティブがいまいち働かないのでどうなるかわかりません。