気づけば7年目に突入

ふと気づいたのですが、今年度になって吉備国際大学で働きはじめて7年目になりましたね。

ぼくのキャリアで吉備国際大学はもっとも長いこと働いている職場になります。

早いものですねー。

学部と大学院の併任なのでめちゃくちゃ忙しいです。

が、とても良い仲間に恵まれているし、やり甲斐のある仕事であると感じています。

世界で活躍する竹林崇先生も加わってくれたし、今まで以上に刺激的な職場になると予感しています。




そしてもうひとつ気づいたこと。

新学科長の籔脇健司先生は、修士の院生時代からの先輩でずっと共通の組織にいて(先生が異動されて途中すこし間があったけど)、いまも一緒に働いています。

なので、ぼく個人としては、もっとも長く状況を共にしている作業療法仲間ということになります、笑。

籔脇先生には、長いあいだお世話になりっぱなしです。

学科長業務の邪魔にならないように、ひとまず頑張って仕事しますよー。