OBP2.0に基づくリーズニング支援ツール(試作版)

WFOTによると、作業療法士の役割は(1)チームワークのマネジメント、(2)作業を通した健康と幸福の促進、です。

作業療法士は、この2つの役割を同時に達成する必要があります。

そのための理論が、寺岡さんと共同開発しているOBP2.0になります。

この理論はWFOTの要請に応えるためのものだといえます。

しかし、これを実際にやるのはなかなかたいへんです。

なので、OBP2.0に基づくリーズニングの学習を支援するためのアプリを自作しつつあります。

スクリーンショット 2016 06 05 21 39 34
スクリーンショット 2016 06 05 21 34 33




今のところこれはExcelベースで作っているのですが、繰り返しになりますけども、その目的は作業療法士・作業療法学生が(1)チームワークのマネジメント、(2)作業を通した健康と幸福の促進、を強く深くリーズニングできるようになること、になります。

明日から講義でも試用していきます。

さてどのような教育効果がもたらされるでしょうか。