大学院の選び方

昨日は、大学院進学説明会でした。

参加者の皆さまには御礼もうしあげます。

日々の臨床を重ねながら、研究の必要性を感じて、大学院に進学するという熱い想いに触れると、こちらもエネルギーが頂けます。

ありがとうございました。




さて、先日の日本作業療法学会では、大学院をどう選べばよいかと相談を受けました。

「大学院は有名大学かどうかよりも、研究の指導力がある教員がいるかどうかで決めた方がよいよ」と助言しました。

それは、後進が育っているかどうかで判断できます。

まともなところは、将来的に指導教員を超える研究者を育てるために研究指導しているので、たいてい大学院生や修了生の一部に優れた人が育っているものです。

そういうところは、国内外の学術誌に研究論文が定期的に掲載されているのでだいたいわかります。

大学院は、十分な研究指導力をもつ教員がいるところを選ぶようにしましょうね。