ポジティブ作業評価(APO-15)



無料ダウンロードできます。

関心のある人は、ご自由にお使いください。
道具箱に戻る


*****
尺 度 名:ポジティブ作業評価(Assessment of Positive Occupation 15、APO-15)
Download:APO-15は、実践版と研究版があります。両者の項目内容は同一ですが、デザインが異なりますので、目的に応じて使い分けてください。実践版APO-15は使用感を高めるために両面印刷してください。
開発責任者:野口卓也

目   的:
  1. Well-beingを促進する作業に、クライエントがどの程度関われているかを測定する。
  2. 身体障害、精神障害など様々な領域のクライエントを対象に自記式で測定できる。
  3. 評価と介入をダイレクトにつなぐことによって、OBPを促進する。
結果の解釈:APO-15は得点が高いほど、Well-beingを促進する作業に関われている状態であると解釈します。カットオフ値は精神障害領域が43点以下、身体障害・老年期障害領域が51点以下で臨床群であると判断します。

主な文献:野口卓也、京極真、寺岡睦:Well-beingを促進する生活活動への関わりの評価試作版開発.総合リハビリテーション(採択済)