作業療法士は大学院に行こう



ときどき大学院進学を迷っているというかたから相談を受けます。

ぼくは迷うぐらいだったら、思いきって進学したほうがよいと答えています。

医療界は超がつくくらいの高学歴社会ですから、作業療法士でかつ修士号、博士号を持っておくことは、プラスになってもマイナスになることはないと考えられるためです。

修士号、博士号を持った作業療法士が全体として増えれば、いまよりももう少し社会的評価が底上げされる可能性が増すことも期待できるでしょう。

2007年に「高学歴ワーキングプア」という衝撃的な本がでました。


が、作業療法士に限って言えば、大学院を修了したから就職できないという問題が、今現時点で生じることはないと考えていてよいです。

理由は、作業療法士という資格が仕事に直結しており、大学院修了によって労働市場から弾かれることがないためです。

ただし、アカデミックポストは狭き門ですよ。

ポスト自体があんまないし、公募という名の出来レースありですし、それはまぁすんごい狭いです。

でもそれにこだわらなければ、作業療法士が大学院に進学して仕事がなくなることはないです。

認定作業療法士、専門作業療法士の取得を目指している人は多いと思いますが、それと同じぐらいかそれ以上に、修士号、博士号の取得を目指す人が増えると良いのになぁと思います。