働きながら確かな知識を学ぶコツ



臨床で働きながらある程度確かな知識を学んでいくコツは、システマティックレビューとメタ分析を読む習慣を身につけることです。

システマティックレビューとメタ分析は、研究課題に関連する研究を収集し、その妥当性を吟味し、ある程度あてにできる知見をまとめてくれているからです。

忙しい仕事の合間に確かな知識を身につけるには、個別の論文に当たっていくのは効率が悪いので、ぼくはこの方法をオススメします。

しかも、いまは良い時代になったもので、無料で本文まで読める論文がそこそこあります。

そういったものを中心に読むクセを身につけるんです。

その具体的な方法は簡単です。

pubmedにアクセスし、検索ボックスにワードを入力します。




MeSH機能とかいろいろありますが、シンプルにするためにここでは "" で囲んでoccupational therapyと書きましょう。









左の方をみると、Article typesと書いたものがあるので、Systematic ReviewsとMeta-Analysisにのみチェックします。

その後、Article typesの下にSystematic ReviewsとMeta-Analysisが表記されるのでクリックし、さらにその下のText availabilityのFree full textにもチェックします。

すると、画面上には作業療法に関係し、かつ無料で全文が読めるシステマティックレビューとメタ分析のみが表示されます。

Free Articleという表記が無料で全文が読めるサインです

臨床で働きながら確かな知識を身につけたい人は、システマティックレビューとメタ分析を読む習慣を身につけましょう。