作業機能障害と作業的不公正の違い



結論から言うと、両概念は背景にある文脈が異なると理解するとよいです。

両概念はともに、作業剥奪、作業疎外、作業周縁化、作業不均衡などといった作業問題を下位概念に含みます。

それゆえ、作業機能障害と作業的不公正の異同を把握しにくいです。

でもいろいろ文献を読むと、人間経験(=作業)における問題が、健康に関する場合に作業機能障害、権利に関する場合に作業的不公正という概念が使用されていることに気づきます。

作業療法の役割は、健康状態の改善から人権の擁護まで幅広く含みます。

それゆえ、作業機能障害と作業的不公正は、文脈にあわせて使いわけることで意味を伝えやすくできます。

作業機能障害という概念はもともと人間作業モデル(MOHO)で発展してきました。

第2版までのMOHOは、作業機能障害に対する評価と介入というポジションを明瞭にしていました。

第3版からは、これが作業適応という概念に置きかわります。

第2版と第3版の間に、作業療法と障害学(Disability Studies)をどう接続するかというテーマが浮上しています。




これはMOHOの成書に加えて、AJOTや他の書籍をあわせて読むと理解できます。

個人の健康問題を表す作業機能障害という概念が、それに対するアンチテーゼという力動を持つ障害学とうまくおりあわず、作業適応という概念が導入されたと理解できます。

日本国内では今でも、MOHOで作業機能障害が使用されていますが、これは日本独自の展開です。

ぼくは、作業療法の役割を明瞭にするために、作業機能障害という概念を使用することは妥当な戦略だと考えています。

他方、作業科学はMOHOで作業機能障害という概念が使用されなくなった後も、この概念が健康問題という文脈で使用されています。

作業科学はいろんな学者が参入しているので、それぞれの立場でさまざまな概念が使用されています。

多様な展開は、作業科学の強みであり、面白さでもあります。

ただ領域が豊かな展開を見せるぶん、特定の論者を追っていると理解が難しくなります。

作業科学ではさまざまな見解があって、それらの動向を押さえながら概念の意味を理解していく必要がある、という視点が必要です。

多様性は、MOHOよりも作業科学がリードしています。

どちらも作業療法に役立つ視点を提供していますので、関心に応じて勉強していくとよいです。