知識のアップデート



ぼくを含めて、教員に大切なことのひとつは、知識のアップデートです。

特に大学院教員は、これを怠ると教員だけでなく、周囲もからんだ巻き込み事故に発展しかねません。

知識は日進月歩なので、できるだけ新しい知識を学びつつ、それを現実の世界に結びつけ、学生や大学院生に教えていく。

当然、教員も人間ですから、知識の更新が追いつかないこともあります。

また、教員が頑張っても理解しきれない知識があることもあります。

でも、知識をアップデートし続ける努力は続ける必要があります。




学生や大学院生は、教員が苦労しながら知識の鮮度を保つために努力する姿を観て、知識を学ぶだけでなく、それをアップデートしていく方法も学んでいく。

教育の場で求められる姿は、そーゆーものだろうと思います。

たまに、「それ何十年前の知識よ!?」と思わずツッコミたくなるような状態で発酵しちゃった方を見かけます。

発酵すると美味しいのは、食品ぐらいです。

教員がそうなっちゃうのはやはり困ります。

学生や大学院生に成長を求める以上、教員も成長し続ける努力を怠らないようにしたいですね。