祝☆APO論文



『総合リハビリテーション』2016年12月号にAPO論文が掲載されました。

APOは、Well-beingを促進する作業への関わりの程度を測定できる尺度です。

詳細は本論を確認してもらいたいですが、APOの尺度特性はかなり良好です。

また本論は精神障害を持つ方々を対象にしていますが、現在では身体障害、老年期障害などさまざまな障害特性を持つ方々にも使えること、病院から地域までフォローできることがわかっています。


APOの評価用紙は以下から無料ダウンロードできます。


APOにはAPO-15とAPO等化尺度の2種類があり、どちらも入手できます。

クライエントに対してWell-beingを促進する作業への関わりを促進したい人はぜひ活用してください。