疲れがたまってやる気がでないときはどうするか



長く生きていれば、調子が良いときも悪いときも、いろいろあります。

頑張らないといけないのに、疲れがたまってやる気がでないことも少なくないでしょう。

そーゆーときは、無理にやる気を引きだそうとしない、でよいと思います。

かといって、何にもやらないわけでもない。

テキトーに手を抜きながらテキトーに取り組む。

でもこれだと、あまりうまくいかないこともあります。

どーするか。




こーゆーときは、自身の状態に評価をくださないようにしたほうが良いです。

「疲れがたまったのは良くないことだ」「やる気がでないから駄目だ」「テキトーにやるなんてほんとうはいけないことだ」などといちいち考えない。

そんなこと考えると、よけーに疲れがたまってやる気がでません。

そーゆー状態になったのは、「あれは良くない」「これは駄目だ」「やっちゃいけないことだ」などと考えすぎて自分を追い込みすぎた、と理解する必要があります。

だから、そんなサドでマゾな考え方は、さっと手放す。

そうやって、だましだましやっているうちに、疲労も回復し、やる気もでますって。