みんなと仲良くしなくてもよいけど



嫌いな人と無理に仲良くする必要はありません。

子どもの頃のイデオロギーのひとつに「みんなと仲良くしましょう」があります。

もちろん、みんなと仲良くできるなら理想的でしょう。

でも、人間は十人十色ですから、仲良くできる相手もいれば、どーやっても馬の合わない相手もいます。

ですから、「みんなと仲良くしましょう」というイデオロギーは実態にあっていない。

またこのイデオロギーを前提にすると、「みんな」の枠におさまらない人は「いじめ」の対象になりがちです。

だって、枠におさまらない人は、みんなと仲良くできない悪い人になっちゃいますから、イデオロギーになじまないこと自体が攻撃の正当性を与えるからです。

では、どーしたらよいか。




まず「みんなと仲良くする必要はない」という前提のもとで、「馬の合わない人でもきちんと承認しましょう」という考え方を浸透させるとよいはずです。

気に入らない人がいるのは当然。

苦手な人がいるのも当然。

許せない人がいるのももちろん当たり前。

だからといって、それを理由に相手を攻撃してはいけない。

嫌いな人と仲良くする必要はないけど、せめて「そーゆー人もいるのね」と承認することだけは実行しましょう。

こーゆー考え方が「みんなと仲良くしましょう」をこえる市民権を得るようになると、ずいぶん子どもたちも生きやすくなるだろうと思います。

そして、その子たちはやがて社会を担うようになるわけですから、今よりも風通しのよい社会になるんじゃないかな。