日本語力を高めたい人は論理トレーニングをすべき



悲しいけど、ぼくたちは母国語だからといって、適切に使えるわけではありません。

人によっては、母国語でもひどい文章しか書けません。

ここでいうひどい文章とは、他人を誹謗中傷する内容を意味しません。

そーではなく「意味不明」という意味です。

一応、文章の体はなしているものの、曖昧模糊としているために意味不明になってしまっている。

非母国語ならわかるんですけど、それが母国語でも生じることがある。

こーゆー問題はどーしたらよいか。




ひとつは、母国語運用能力が低い場合はやはり読書量が圧倒的に足りていないと考えられます。

なので、母国語で適切な文章を書けるようになりたい人は、きちんと書かれた本を多読するとよいでしょう。

もうひとつは、母国語の論理を理解することが必要です。

例えば、日本語は論理的でないというイメージをもつ人がいますが、どんなに控え目に見積もってもそのイメージは誤解です。

日本語はとても論理的な言語です。

なので、母国語が日本語の場合は、日本語の論理をきちんとトレーニングする。

オススメは以下。


騙されたと思って、論理トレーニングに取り組んでみましょう。

少しマシになると思いますよ。