やる気に頼らない


やる気があってもなくても、やるべきことはきちんとできる人」と「やる気があるときは頑張れるけど、そうでないときは必要なこともできない人」は、いったい何が違うのでしょうか。

教育現場にいると、毎年のように前者の人と後者の人に遭遇し、後者の人がものすごーく苦労している姿を見ることになります。

この差は、いったいなんだろうかということは、教員やっているとどーしても考えてしまうのです。

少しでも「やる気があってもなくても、やるべきことはきちんとできる人」に近づけるにはどうしたらよいかと苦心するわけです。

人間の行動に影響を与える要因は、人間作業モデルでいうと環境、意志、遂行能力、習慣化です。

モチベーションの程度が学習行動に影響を与えると考えると、意志がとても重要な要因であるように感じます。

だから、意志が高まるように周囲もなにかと支援するわけです。



ところが、意志によって人間の行動が変化させようと考えると、「やる気があってもなくても、やるべきことはきちんとできる人」に近づけることができないんですよね。

だって、そのストラテジー自体がそもそもやる気に依存しているわけですから。

こういう事例の場合、逆説的ですけど、やる気に頼らないことが大切になるはずです。

やる気があろうかなかろうが、つべこべ言わずにやる。

この繰り返し。

冒頭の前者の人と後者の人を分ける大きな要因は、それができているかどうかではなかろうか、と思うわけです。

やる気がない、しんどい、つらい。

その気持ちはよくわかります。

でも、やる気があるかどうかは関係なく、時間は進むのです。

ならば、学習行動の動因として、やる気に頼るのはやめましょう。

つべこべ言わずに、息を吸うかのごとく勉強したらよいんですよ。