いまこそ読むべき文部省の名著



1948年から1953年の5年間、中学校と高校の社会科の教科書で使用された書籍をご存じですか。

著者は文部省、書名は『民主主義』。



本書が現在に至るまで教科書として用いられていたならば、社会はもっと良くなったのではないかと思わざるを得ません。

本書では、民主主義の本質、民主主義の限界とその克服法、民主主義の歴史、民主主義とファシズム・独裁の比較検討、資本主義と社会主義の対立、民主主義の学び方と運用方法、民主主義の未来、が深く広くそして平易(!)に論じています。

日本は現在、大きな転換点を迎えていると感じますが、いまこそなぜ民主主義が求められるのかを内省する必要があります。

多くの人に関心をもって読んでもらいたいので、いくつか引用しながら解説します(引用箇所はで示しました)。

当時の文部省は本当によい著作を書いたと感じることでしょう。

本書では、民主主義の本質を以下のように述べます。
  • 民主主義の根本精神はなんであろうか。それは、つまり、人間の尊重ということにほかならない
  • 人間が人間として自分自身を尊重し、互いに他人を尊重しあうということは、政治上の問題や候補者について賛成や反対の投票をするよりも、はるかにたいせつな民主主義の心構えである
  • 民主主義は、きわめて幅の広い、奥行きの深いものであり、人生のあらゆる方面で実行されて行かなければならないものである。民主主義は、家庭の中にもあるし、村や町にもある。それは、政治の原理であると同時に、経済の原理であり、教育の精神であり、社会の全般に行きわたって行くべき人間の共同生活の根本のあり方である。
民主主義は、お互いに人間が人間として尊重しあうものであり、それによって個人から社会の隅々まで基礎づける原理であるというわけです。


また本書では、民主主義の原理として「自由」と「平等」があると明記しています。
  • 民主主義は、他人の権利を侵害しない限り、個人が好きなように幸福を求めることを認め、それを奨励する
  • 自由と並んで民主主義が最もたいせつにするのは、人間の平等である
このような、民主主義が必要な理由について、本書ではこう論じています。
  • 大袈裟な言い方でもなんでもなく、民主主義は文字通り生か死かの問題である
  • 民主主義を正しく学び、確実に実行すれば、繁栄と平和とがもたらされる。反対の場合には、人類の将来に戦争と破滅とが待っている
本書は、民主主義の反対は独裁主義(封建主義、絶対王政、専制主義、ファシズム、ナチズムなど含む)で、それによって支配された世界は筆舌に尽くしがたく悲惨だったという反省を前提にしています。

それゆえ、民主主義の定着は生死を分かつ問題であると位置づけているのです。

そして、民主主義と独裁主義の戦いは、日本に民主主義が定着した後にも続くとし、次のように予言しています。
  • 独裁主義は、民主化されたはずの今後の日本にも、いつ、どこから忍びこんで来るかわからないのである。独裁政治を利用しようとする者は、今度はまたやり方を変えて、もっとじょうずになるだろう。今度は、だれもが反対できない民主主義という一番美しい名まえを借りて、こうするのがみんなのためだと言って、人々をあやつろうとするだろう
これを打ち破る唯一の方法として、次のように論じています。
  • 国民のみんなが政治的に懸命になることである。人に言われて、その通りに動くのではなく、自分の判断で、正しいものと正しくないものとをかみ分けることができるようになることである。民主主義は、「国民のための政治」であるが、何が、「国民のための政治」であるかを自分で判断できないようでは民主国家の国民とはいわれない。
この指摘は、いままさにぼくたち1人ひとりが噛みしめるべきものではないかと思います。

以上、多くの人に関心をもって読んでもらいたいので、いくつか引用しました。

ここで紹介した以外にも、驚くほど良質な議論が展開されています。

文部省の著作というのが、また驚きます。

本書はいまこそ多くの人に読んでいただきたいと願います。