真逆の世界観でもいいじゃない

信念対立解明アプローチのモチーフを理解するうえで、とても良い教材になりえる動画がありました。

ビールのCMですけど、信念対立解明アプローチのモチーフが詰めこまれてるなぁと感じました。

まずはそれをご視聴ください。



ぼくたちはそれぞれ固有の世界観のなかで生きています。

世界人口は約74億人いますけど、誰ひとりとして同じ世界観をもった人はいません。

ところが、実存の基盤である地球は、ひとつしかありません。

ひとつしかないんです。





なので、異なる世界観をもった人とどう折りあいをつけていくか、ということが問題になってきます。


世の中には真面目な人もいれば不真面目な人もいますし、口だけ達者な人もいれば有言実行の人もいます。

有能な人もいれば無能は人もいるし、普通の人もいれば変態な人もいます。

世の中にはいろんな人がいるわけで、だからこそそこに希望があります。

多様性がきっかけになって信念対立に陥るのではなく、世界観の多様性を尊重し合い、理解できなくても認証しあいながら助けあっていく必要があります。

信念対立解明アプローチはそういう世界観を実質化するために体系化した理論です。

ぼくの本を読んでいまいちわからなかった人は、ぜひ上記の動画を視聴してみてください。

たぶんすっと理解できると思います。