長文執筆にオススメアプリ


すこし前から長文執筆に適していると評判のScrivenerを使用しています。

しばらく使用した感想としては、
  1. 全体像を把握しながら書きやすい
  2. バックアップやバージョン管理が簡単にできる
  3. 資料管理が容易である
  4. endnoteやpapers3などの文献管理ソフトと連携できる
  5. Wordに出力できる
  6. 構想を練りやすい
などメリットがありますね。

例えば、wordで月刊連載原稿を書いていると、記事ごとにファイルができるので、前に書いた内容を確認するにはファイルを1つずつ開く必要があって不便です。

けど、Scrivenerは1つのファイルでプロジェクトを作成し、その中に原稿を入れることができるので、過去に書いた内容を容易に確認できます。

また、10万字単位の書籍を書いていると、全体像を把握しながら各論を進めるときに認知的負荷が高くなります。

けど、書籍ごとにプロジェクトを作成できるので、章立てごとに書いた内容を平易にチェックできるし、修正も簡単です。

wordの標準機能でこーゆーことができれば、全体の生産性が上がってよいのになぁと思います。




他方、デメリットとしては
  1. Scrivenerを購入していない人とのあいだで共同執筆できない
  2. 完成原稿を出すにはwordで整える必要がある
などがあるように感じています。

使用法については、以下の書籍が詳しいです。


いくつかのデメリットはありますが、著書や研究論文などの長文を執筆するときには、wordやpagesよりも効率がよくなると思うので、生産性を高めたい人はぜひお試しくださいませ。

ダウンロードは以下からどうぞ。